TOP

私にとってソープは一筋の癒しです!そんな癒しのソープ体験談です。

ソープでもお金を考えずに楽しむ

風俗を楽しむ時にはどうしてもお金のことは無視出来ないと思うんですよ。特にソープだと余計に考えますよね。自分なら大宮にあるソープへ足を運べば楽しいのは分かり切っていますけど、ただ現実的にお金がなければ楽しめないので、そこら辺は理想と現実を上手くミックスさせなければならないと思うんです。自分の場合、給料日直後だけはあまりお金のことを考えずに楽しんでいます(笑)他の時だとどうしてもお財布と相談しなければならないんですけど、給料日直後だけは月に一度、何も考えずに自分の理想を楽しむ時間だって割り切っています。指名、オプションはもちろんですが、時間も長めにしますね。60分とか90分だと本当にあっという間じゃないですか。それも悪くはないんですけど、給料日直後くらいはがっつり楽しみたいっていうのもあるんですよね。むしろその瞬間こそ何よりも自分が一番ソープを楽しめる瞬間でもあるので、給料日はいろいろな意味で待ち遠しいなって思っています。ただ同じようなことを考えている人は多くて、月末の休日はどこも混み合うので大宮のソープでも予約は欠かせません。

当然のようにソープを楽しんでいます

結婚している身ではあるものの、当然のようにソープを楽しんでいます。恥ずかしい話ですが、妻とはもう何もないんです。溜まっている男としての欲望をどこで発散するのかといえばソープしかありません。
さすがに妻に対して離婚したいって気持ちは全然ありませんので、ソープがベストです。以前は後ろめたい気持ちもあったんですけど、最近では当たり前のように楽しむようになりました。もちろん妻の前でソープを楽しんでいるってことは言いませんけど、ただ以前ほど後ろめたい気持ちはなくなりましたね。むしろソープに行っているってことで妻に対してあまり性的な欲求を抱かなくなりましたから、妻と良い意味でフランクに付き合えるようになってきたなって感じています。昔はどうしてもいろいろと期待しちゃう部分もありましたけど、ソープで性欲を発散すれば妻に対して欲情や興奮を持つこともありません。
妻とは本当の意味でフランクな関係になってきているなって感じているので、自分としてもソープの存在は本当にありがたいですよ。